FC2ブログ
2018.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019.01.
ANTHEM ATTITUDE2017 LIVE AND DOCUMENTS JAPAN PREMIER !
ANTHEMが2/14に発売する映像作品『ATIITUDE2017 LIVE AND DOCUMENTS』をいち早く、しかもCINECITTAとCLUB CITTAの音響チームが手掛けた”LIVE ZOUND”という最高の映像・音響設備のスクリーンで上映するプレミア上映会に行ってきました!

まずその前に…京急川崎駅に掲出されているANTHEMのポスターの写真撮影。



そしてCINE CITTA のCINE8へ。



上映前にBURRNの広瀬編集長の司会でANTHEMメンバーによる舞台挨拶。
ここでもやっぱり田丸さんがイジラレ役で盛り上げてくれました。

そしてお待ちかねの本編がスタート!
大迫力のスクリーンと大音量だけど物凄くバランスの良い音響で『THE ARTERY SONG』から『WILD ANTHEM』までを堪能!
映画館の座席だからハイバックの椅子でゆったりと観られるはずなのに、どうしても前のめりになって観てしまう…。
時折、隣の人の視界を邪魔してるかも、と背中を付けるんだけど、気が付くと前のめりになっちゃって。
声は出さなかったけど、歌詞を口ずさんじゃったり、足でリズムとっちゃったりもして。
『GHOST IN THE FLAME』はやっぱり目頭が熱くなったなぁ…。
あっという間に90分が経っていて、ラストの『WILD ANTHEM』が終わるころには生のライブが終わったような達成感。

再び広瀬編集長とANTHEMメンバーが登壇してのトークショーでは、1月に亡くなったクリス・タンガリーディス氏についても触れられて、言葉に詰まる柴田さんの表情や、もう一度会って仕事がしたかったという森川さん、清水さんの言葉に涙してしまいました…。森川さんの「このタコ」発言に救われたかな。

ただ…素晴らしいイベントだったんだけど、上映前後の舞台挨拶・トークの進行、もうちょっと工夫してほしかったな~。
最初に出てきた女性MCが広瀬編集長を呼び込むのも下手くそだったし、ANTHEMメンバーが登壇する時のBGMもタイミング悪かった。BGMもすぐ止めるんじゃなくて、トーク中もうっすら流してた方がよかったし。
広瀬さんやANTHEMメンバーの登壇・降壇もなんか歯切れ悪いし、イベント終了もダラっとしてた感じ。
進行台本なかったのかなぁ?そこが残念ポイントでした。

とはいえ、こんなに素晴らしい機会を作ってくれた柴田さんとCITTAスタッフには本当にありがとうございました!
来週に迫った『LIVE AND ATTITUDE TOUR 川崎公演』の頃には次なる悪巧みが発表されそうな感じだし、ANTHEMは2018年も激動の1年となりそうで、楽しみはまだまだ続きます!
スポンサーサイト
2018.02.04 (Sun) 01:36
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL